さやま里芋増産倶楽部とは




埼玉県狭山市で里芋の増産・ブランド化に取り組む農家チームです。

平成22年に7名の会員で発足し、現在9名のメンバーで活動しています。


埼玉県の里芋栽培面積は全国第4位ですが、里芋出荷額では日本一を誇ります。

これは埼玉県産の里芋が品質が優れ、高い市場評価をいただいている証です。


中でも狭山市は堀兼地区を中心に全国でも有数の里芋の生産地ですが、

都内高級料亭から産地指定を受ける一方で、地元の消費者が地元産の里芋を食べる機会は少なく認知度も低い状況です。


もっと狭山の里芋をPRしたい。

もっと市民から誇りに思ってもらいたい。


さやま里芋増産倶楽部はそんな想いを胸に、日夜里芋を増産しています。

 


設立提言

 

平成22年5月25日設立
・農商工連携を事業の基軸とする
・地域貢献、狭山のまちづくりへの貢献を理念とする

・主な事業内容

1、狭山産里芋のPR
2、里芋を使った特産品開発
3、親芋の有効利用